『結婚できる7つの習慣 ~婚活には原則があった!』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もしくは『婚活HACKS!』。
もちろん、タイトル勝負の一発ネタ。

■自分自身と向き合う(私的成功/依存から自立へ)

  • 第一の習慣:婚活に対し主体性を発揮する

「待ち受け女子」や「草食系男子」になっていませんか?
”相手を狩りに出る”くらい主体性を持って婚活に取り組みましょう。
また、「結婚できないこと」を自分のおかれている状況や過去、相手のせいにしていませんか?
自分の婚活に対して自ら責任を取りつつ行動を起こしましょう。

  • 第二の習慣:目的を持って婚活を始める

「結婚はそのうちいずれ・・・」とか「結婚は自然な出会いで・・・」とか考えていませんか?
結婚に対して明確な目的意識を持って婚活を始めましょう。
また、その目的に対し、タスクやミッション・ステートメントを立て、それを達成できるよう自らを導いていきましょう。

  • 第三の習慣:結婚の重要事項を優先する

「良い人がいれば・・・」など、結婚に対するイメージが漠然としていませんか?
結婚における自分にとっての「重要事項」をきちんと洗い出し、それを優先しましょう。
また、優先順位に従って計画を立て自己管理を行い、第二領域(重要だが緊急でない活動(=婚活))に時間を費やすようにしましょう。
■相手と向き合う(公的成功/自立から相互依存へ)

  • 第四の習慣:相手とのWin-Winを考える

「婚活とは、自分にとって理想の相手を選ぶこと」と思っていませんか?
これでは、「あなたは勝ちで、相手は負け」の「Win-Lose」の関係であり、良好な関係とは言えません。
実はあなたも「相手から選ばれる立場」であることを忘れてはいけません。
また、結婚をゼロサム・ゲーム(一方が利益を得ると、他方は必ず損失をこうむる関係)と捉えてはいけません。
効率的なコミュニケーションを実現し、相手との「信頼残高」を積み上げていきましょう。

  • 第五の習慣:相手を理解してから自分が理解される

相手のことを理解しようとする努力を怠り、自分の一方的な意見を相手に主張していませんか?
まずは相手をことをよく観察・傾聴し、ニーズや関心、懸念を理解することに努めましょう。
これが出来るようになってこそ、勇気をもって自分のニーズや欲求を相手に伝えることが可能になります。

  • 第六の習慣:相手との相乗効果を発揮する

自分の理想ばかりを相手に求めていたり、自分の都合ばかりを相手に押し付けてはいませんか?
また、自分と相手との相違点を脅威と捉え、自身のイメージとの同一化を相手に強制していませんか?
相手の持つ相違点を尊重することで恩恵を受け、その結果、創造的な協力やチームワークを相手と築くことができます。

  • 第七の習慣:婚活の刃を研ぐ

相手から見た「人間的な魅力」(=「刃」)を研ぐことを怠り、最近切れ味を失っていませんか?
婚活における四つの側面(肉体、知性、社会・情緒、精神)の自己再新再生と自己改革を定期的に行い、常に「刃」を研ぐことを意識しましょう。

元ネタは、言わずもがな、スティーブン・R・コヴィー著『7つの習慣 ~成功には原則があった!』から。

「自己啓発」+「健康」=『HEALTH HACKS!』があるのなら、
「自己啓発」+「婚活」=『婚活HACKS!』もアリじゃね?という発想から。

HEALTH HACKS! ビジネスパーソンのためのサバイバル健康投資術

HEALTH HACKS! ビジネスパーソンのためのサバイバル健康投資術

※ネタのつもりで書いたけど、結構良いこと言ってない?>オレ(自画自賛)

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)