『新書大賞2009』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年、『このミステリーがスゴい!』などのランキング本が発売されますが、本書はそれの「新書」版。ありそうでなかったジャンル。

新書大賞〈2009〉

新書大賞〈2009〉

個人的に新書マニアとしては、最近の新書の出版数の多さに追いつかない状況なので、こういうガイド本は助かります。
まー変に「ランキング」に縛られるのもアレなんであくまでも参考程度に、ですが。
と言いつつ、今回のランキングを参考に新書を4冊も購入してしまいましたが(苦笑)。
以下、その4冊。

■大賞(第1位):『ルポ 貧困大国アメリカ』
■第2位:『強欲資本主義 ウォール街の自爆』、『できそこないの男たち』
■第6位:『アダム・スミス』

ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)

ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)

強欲資本主義 ウォール街の自爆 (文春新書)

強欲資本主義 ウォール街の自爆 (文春新書)

できそこないの男たち (光文社新書)

できそこないの男たち (光文社新書)

アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界 (中公新書)

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)