「巨人の肩に乗る」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:oshimago:20150716190004j:plain

(写真は 巨人の肩の上 – Wikipedia から引用)

 

「巨人の肩に乗る」と言ったのは、ニュートンだったか、アインシュタインだったか、エレン・イェーガーだったか、まーそれはともかく。

ここで言う「巨人」とは駆逐対象としての「巨人」ではなく、「偉大なる先人たちの発見や知恵」みたいな意味。

 

先人の発見や知恵の力を借りることで、我々はより早く、より遠くを見渡すことができる。

今回、「ミニマムライフ」や「ミニマリスト」に興味を持ったことから、さっそく偉大なる先人たちのブログのいくつかを過去にさかのぼって追っかけている。

 

なるほど、先人たちの苦労ぶりが伺える。これをゼロから自分一人で試行錯誤していたら時間やお金がいくらあっても足りない。先人たちには感謝しかない。

 

ミニマリスト御用達の鉄板アイテム」というのもあるらしい。もちろん人それぞれあるだろうが、これはこれで大変参考になる。

 

「なるほど、確かに最低限これだけあれば特に困ることはないよね」という気づきが得られただけでも収穫だし、それ以外のものは心置きなく手放すことが出来るので、ミニマムライフも捗るというものだ。

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)