「何で戦うか?」も大事だけど、「どこで戦うか?」の方が実はより重要で効果的。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何で戦うか?」も大事だけど、「どこで戦うか?」の方が実はより重要で効果的なんじゃないかなぁ? という話し。

例えば。

とあるスキルについて自分は「中」スキルだとする。だが世の中には「上」スキルの人もたくさん居ており、「中」スキルの自分ではとてもじゃないが太刀打ち出来ない。

それに対してどう対処すればいいのか?
普通は「もっとスキルを磨いて自分を「上」スキル、出来れば「特上」スキルに持っていく」と考えてしまいがちだ。

ところがこれだけ「知の高速道路」が整備されている昨今、「上」スキルの中でも大渋滞が発生しているし、「特上」スキルに抜け出すには莫大な時間と労力の投資が必要だ。

しかもそれだけ投資したスキルも、テクノロジーイノベーションであっという間に陳腐化して使い物にならなくなる、というリスクもある。

ではどうするか?
「下」スキルばかりが集まっている「場所」を探すのである。
そこに行けば「中」スキルの自分でも十分戦っているだけの「比較優位性」を保てるのである。

そんなところがあるのか?
それは「地方」や「海外」など物理的な「場所」かもしれない。
もしくは「性別」や「年齢」など自分が所属していない「クラスタ」(集団)の中にあるかもしれない。

(女性ばかりのクラスタに男性の自分が入れば比較優位が生まれる。
 高齢の方ばかりのクラスタに(相対的に)若い自分が入れば比較優位が生まれる)

「上の世界」ばかり見ていてそれと比較して自分を過小評価していないか?
「自分が勝てる場所」というのは探せば案外身近にあるのかもしれない。



スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)