MacBookAirの電源が持たない時は、バッテリーの交換時期かも?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ども、管理人です。

日頃はメインのパソコンとして MacBookAir を使用しています。
13インチの「Mid 2012」と呼ばれる型で、購入してかれこれ3年近くになります。

スクリーンショット 2015-01-06 14.12.49

昨年末くらいから、ACアダプターを使用しないでバッテリー駆動だけで使用しているとバッテリーの消耗が著しく激しい状況になりました。

最初は「OS X を 10.10 ( Yosemite )にバージョンアップしたせいかな?」とも思っていたのですが、ACアダプタを付けていれば特に支障がないのでそのままにしていました。

ですが、先日バッテリーの残量が30%くらいあるのに、急に突然シャットダウンしてしまうという症状が発生していました。

「これは何か変だ」と思い、調べてみると、どうやら MacBookAir の内蔵バッテリーは2年ほど使用するとかなり劣化することがある、とのこと。

バッテリーの状態を確認することも可能で、右上のバッテリーアイコンをクリックすると、以下のように現在のバッテリーの状況が表示されます。「バッテリーの交換修理」というアラート(注意喚起)が表示されていたら、それに該当します。

スクリーンショット 2014-12-31 21.04.48

スクリーンショット 2015-01-06 14.34.10

まーバッテリーは消耗品ですからそれは仕方ないとは思いますが、MacBookAir のバッテリーは着脱式ではないですから、交換修理扱いになるとのこと。

Apple 直営の Apple Store(ジーニアスバー)に直接持ち込めば有償でその場で交換修理をしてくれるそうなのですが、結構なお値段がするとのこと(>1万3千円程度)。

■修理サービス Q&A センター – Mac notebooks
http://support.apple.com/kb/index?page=servicefaq&geo=Japan&product=Macnotebooks&locale=ja_JP

Apple Store は東京でも銀座、渋谷、表参道しかなく、簡単に出向くことも出来ません。

■Apple Store ストア一覧
https://www.apple.com/jp/retail/storelist/

「近々、新型のMacBookAirが発表になる……かも?」なんて噂もありますから、お金を払ってバッテリーを交換するか? それとも騙し騙し使って新型をいっそのこと買ってしまうか? なかなか悩みどころです。

もし、管理人と同じような事象が出ている方がいたら、一度バッテリーの状態をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)