『見てわかるUnity 2Dゲーム制作超入門』第3章/第4章

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日に引き続き『見てわかるUnity4 2Dゲーム制作超入門』の学習。

 

 

今日は第3章の「2Dとスプライト」と第4章の「アニメーションの基本をマスターしよう」まで。ページで言うと、260ページまで。

 

第3章:2Dとスプライト

  1. スプライトを使いこなそう!
  2. マルチプルモード・スプラウトを使おう
  3. 3Dでスプライトを動かす「Quad」

 

 

 Quad については、理屈は分かったのだが、使いこなせるようになるにはもうしばらく掛かりそう。

 

第4章:アニメーションの基本をマスターしよう

  1. アニメーションクリップを作ろう
  2. アニメータコントローラ
  3. ブレンドツリーを使おう

 

 

ここら辺になってくるとだんだんと怪しくなってきた。

いずれ必要になった時にまた改めて読み返すことにし、とりあえず訳が分からなくても前に進めていくこととした。

 

また、一部書籍に書いてある通りに動かない部分も発生。

その原因が、自分の操作ミスなのか? はたまた書籍の記述ミスなのか? それとも Unity 4.3 と Unity 4.6 の差異によるものなのか? の特定が出来ない。

まー致命的ではないので無視して先に進むとする。

 

 

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)