「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」の感想。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」を観て来ました。その感想です。

ヒロイン・緒花の母親、皐月の若いころのエピソードを軸に、祖母・母・子の三代に渡る「親子の絆」を描いた作品。

「劇場版」ではあるが、特にこれといって波瀾万丈の展開や大きなスケール展開があるわけではなく、ただ淡々と物語は進む。しかし、長尺をうまく使い、ゆっくりかつじっくりと物語を紡ぐ。

確かに若干物足りなさはあり派手さもないが、制作のP.A.WORKSらしい丁寧で繊細な仕事ぶりが光る作品。

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)