ボクが WordPress を止めた3つの理由。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ども、おおしま☆ゴーです。

このブログですが、結局また Blogger に戻ってきてしまいました。結局、はてなダイアリー → Blogger → WordPress → Blogger とよく分からないジプシーぶりです。

一時期本気でブログをやっていこうと(半年くらい前に)決心した上での WordPress の導入でしたが、さっそく早々に挫折して戦略的撤退です、とほほ。

そこで、なんでこんなことになってしまったのか? を改めて振り返ってみたいと思います。

理由その1:WordPress は(ボクにとって)多機能すぎた

WordPress は本当に多機能です。やろうと思えば何でも出来ます。豊富なプラグインに加え、CSSをいじればどんなデザインでも実現出来ます。まーCSSがいじれれば、ですが。。。でもそれがゆえにあれこれやれることが多すぎて逆に何から手を付けたらよいのやら途方に暮れてしまいます。

本来「ブログの記事を書く」ことが目的であり、「WordPressをいじる」ことは手段であったはずなのですが、その主従が逆転してしまい、WordPress をいじることに一生懸命になりすぎて記事を更新することが疎かになってしまいました。海より深く反省。

理由その2:WordPress は(ボクにとって)情報が多すぎた

理由その1とも関係してくるのですが、WordPress は調べれば調べるほどいろいろな情報がわき出てきます。また日々新しい情報も更新され続けています。便利なプラグインとか、新しいアフィリエイト方法とかね。

「なるほど、それは便利だ!」と思い、あれやこれやと情報を追い掛け回しているうちに、追いかけているはずが、WordPress の情報に振り回せれている状態に陥っていたようです。

たかが日記に毛が生えたようなブログにさてはてこんなにツールの情報が必要なのだろうか?とふと立ち止まって我に返ってみるにつけ、WordPress はボクにはオーバースペックだったんだろうな、と思うようになりました。

理由その3:WordPress は(ボクにとって)一度つまづくと手に負えなかった

前述のプラグインやアフィリエイト、Google Adsense などを意識してブログのレイアウトなどをいじっていた時、ちょっとミスをしてレイアウトがグズグズになったことがありました。その時、運悪くCSSのバックアップを取っていなかったんですね。まー自業自得なんですが。

改めてCSSを直そうと試みたのですが、そうなってからではアフター・フェスティバル、後の祭りです。まずどこがおかしくなったのか?どこをどう直せばいいのか?がまったく皆目見当もつかず、あれやこれやといじっていたら、さらに収拾のつかない状態になってしまいました。

CSSを一から勉強し直そうかとも思ったのですが、ボクはブログをやりたかっただけであって、別にウェブデザイナーになろうとしていたわけではありません。本末転倒です。結局直すのを諦めて最初から WordPress を作り直す羽目になりました。

結論:目的と手段をはき違えないこと。

WordPress は非常に優秀で多機能なウェブコンテンツツールです。全世界のブログの15%近くは WordPress で構築されている、なんて話しも聞きます。WordPress でウェブサイトを自由に構築出来れば、それだけでメシが食えていける、それだけパワフルなツールです。なので、余力がある人、WordPress の構築方法を習得したい人は是非とも積極的にチャレンジしてもらいたいと思います。

ですが、単にブログをやりたいだけの人、なんとなく WordPress が流行っているみたいだからという理由で選択する人はちょっと冷静に考えてみることをおススメします。あなたが本当にやりたい「目的」は何ですか? 「目的」と「手段」をはき違えていないですか?
※WordPress をいじっていた時にボクが参考にさせてもらったテキストです。本気で WordPress に取り組みたい!という人にはおススメです。

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)