楽天成功のコンセプト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今更ですが。先日の『カンブリア宮殿』に三木谷社長が出演していたのを見たので、メモメモ。
下記引用の原典はコチラ
http://www.rakuten.co.jp/recruit/aboutus/concept.html

■楽天(株)の目標
世界一のインターネット・サービス企業
■楽天(株)における5つのコンセプト
1)常に改善、常に前進
人間には2つのタイプしかいない。
【GET THINGS DONE】
様々な手段をこらして何が何でも物事を達成する人間
【BEST EFFORT BASIS】
現状に満足し、ここまでやったからと自分自身に言い訳する人間。
一人一人が物事を達成する強い意志をもつことが重要。

2)Professionalismの徹底
楽天はプロ意識を持ったビジネス集団である。
勝つために人の100倍考え、自己管理の下に成長していこうとする姿勢が必要。
3)仮説→実行→検証→仕組化
仕事を進める上では具体的なアクション・プランを立てることが大切。
4)顧客満足の最大化
楽天はあくまでも「サービス会社」である。
傲慢にならず、常に誇りを持って「顧客満足度を高める」ことを念頭に置く。
5)スピード!!スピード!!スピード!!
重要なのは他社が1年かかることを1ヶ月でやり遂げるスピード。
勝負はこの2~3年で分かれる。

世界一のインターネットサービス企業という目標達成のために代表取締役の三木谷浩史が考えた、社員のための行動指標が、「成功のコンセプト」です。
社内にはこの5つのコンセプトをデザインしたポスターが貼られ、社員は全員、社員証のウラにコンセプトが印刷されたカードを携帯しています。迷ったときにはすぐに「成功のコンセプト」に立ち返り、やるべきことを見つめなおします。

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)