婚活にはデッドラインを引こう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

というわけで、まー婚活をそれなりにがんばっているつもりなんですが、とはいえ「いつまでに結婚したいの?」という明確な目標は実はなかったりするわけです。
「良いご縁があればいずれは」とか「なんとなーく1年後くらいには」とか漠然としたイメージだけはあるんですけどね。
しかし、これではいつまでもズルズルと婚活を続けてしまい、何時までも結婚に至らないわけです(事実、今までがそうでしたし)。
でも、これではいけない!そう悟りました。
ワタミの渡邉美樹社長もこう言っています。
「夢に日付を!」

夢に日付を! ~夢実現の手帳術~

夢に日付を! ~夢実現の手帳術~

やはり、はっきりとした明確な目標を定めないと。

そこで、婚活の締め切り(デッドライン)を定めることにしました。
絶対譲れないデッドライン、それは・・・
「30歳代のうちに結婚式を挙げる!」
ということです。
やはり30歳代で結婚するのと、未婚のまま40歳に突入してしまうのでは大きく違います(>自分の心情の中では)
というわけで、デッドラインは「40歳の誕生日」と定めました。
これから逆算するに、前日の「39歳と364日」までには結婚式を挙げたい、もとい、挙げなくてはいけない( want ではなく must )ということになります。
「な~んだ、まだ2年以上も先じゃ~ん」と呑気に待ち構えていればいいや、と思いきや、さにあらず。実は意外と時間がありません。
まずお相手を見つけ、お付き合いして、プロポーズに至るまで約1年。
仮にプロポーズを受けてもらえたとして、その後、結婚式の準備などで約1年。
これだけで約2年を費やしてしまいます。
逆算すると、あと半年の間にお相手が見つからないと、デッドラインを超えてしまう可能性が大なわけです。
うわぁ~、結構時間ないぞ、ヤバい、ヤバい、ヤバい・・・。
この本を参考にしつつ、きちんと「プロジェクトマネジメント」(笑)をしていかないと

デッドライン仕事術 (祥伝社新書)

デッドライン仕事術 (祥伝社新書)

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)