理想と現実との狭間で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて。

資料を参考(>写経?)にしつつ、いくつかサンプルを作ってきてみた。

ここらあたりで、何か一つオリジナルのものを作ってみたい、という欲が出てきた。

 

で、作ってみたのがコチラ。

「オリジナル」というのにはおこがましいが、『ユニティちゃんでゲームを作ろう』のパート1「ジャンプ!スライディング!障害物レースを作ろう」をベースに、スポーツカーのアセットを使って、「レースゲームのデモ画面」みたいのを作ってみた。

 

oshimago-unity.hatenablog.com

 

ただアセットを置き換えただけではつまらないので、メインカメラとサブカメラの2つのカメラを用意し、サブカメラは右上にワイプ表示するようにしてみた。

 

本当は、キーを押すとメインとワイプが入れ替わるような機能も入れたかったが、よく分からなかったので断念。

 

理想としては、こういうのとか、

 


(Demo) デイトナUSA / Daytona USA (C)SEGA 1993 – YouTube

 

こういうのとか、

 


PS Vita「リッジレーサー」プレイ動画 – YouTube

 

こういうのを、

 


PS3『グランツーリスモ6』プロモーションビデオ – YouTube

 

を頭の中で想定していたのだが、まだまだほど遠いという現実を突き付けられて凹む。

 

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)