トレンドマイクロ社のオンラインストレージサービス、SafeSyncをお試し中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本の「自炊」を始めてそれなりにデータが増えてきたのですが、このデータ類をいったいどのように管理・保管すれば良いのか?というのに頭を悩ませていました。

パソコンのハードディスクの中にそのまま保存しているだけでは、そのハードディスクが壊れてしまったときにデータが全部消えてしまうのでローカルディスクには置いておきたくない。

外付けハードディスクに置いておいても、そのディスクが壊れてしまっては同様。

両方に二重に持っているのは、このクライド全盛時代、あまりにも泥臭くてスマートではない。
とは言え、Evernote に貼り付けるには、一文書の上限サイズが決まっているのでサイズの大きな自炊データは貼付けが出来ない(キャッシュでローカルディスクを逼迫させるし)。

Dropbox や SugarSync も考えたが、保存データ量に上限値があり、今後データがMAXまで行った時に問題がある(>値段も高いし)

で、結局現時点での最適解として、トレンドマイクロ社のオンラインストレージサービス、「SafeSync」を試しています。

年額4,980円で、使用容量は無制限(>初期値は1.5テラバイト?!)。
ファイルの形式も一ファイルのサイズも問わず放りこみ放題。
JPEGファイルやMP3ファイルなら、ダウンロード不要でプラグインで閲覧・再生が可能。

他のクラウドサービスに比べるとアップロード転送の速度が遅いのが欠点ですが、転送中は他のことをしていればいいし、一度アップロードしてしまえば再度ダウンロードすることもまずないでしょう。

「データを削除するのは忍びないけど、ローカルのハードディスクに置いておくほどではないようなー」的なデータを保存しておくための「倉庫」としてはとても使い勝手はよいのではないかな?と感じました。

とりあえず自分の使い方としては、JPEG+ZIPで自炊したマンガや、もう滅多に聞かなくなったMP3ファイルとかをガンガンと SafeSync 側に移しています。読みたくなったり聴きたくなったらプラグインですぐに再生出来ますからね。いずれはデジカメで撮った動画データとかも移して行こうかと。

30日分のお試し機関もあるので、一度試してみてはいかがでしょうか?

まー、唯一にして最大のリスクは「トレンドマイクロ社のサービスである」という一点だけですが。
データの安全性とかサービスの継続性とか。
「トレンドマイクロ社は信用出来ん!」という人は避けたほうが良いかもしれませんね(苦笑)

■SafeSync
http://virusbuster.jp/safesync/
■30日のトライアルバージョンはこちらから
https://safesync.com/
■日経トレンディによるレビュー
 http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20101222/1034008/

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)
レクタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング広告(大)